Background Image

17.6.25 (日) R水素を知ろう 〜R水素を知ると世界と繋がる〜

18951148_1224882624307192_7865833745560054749_n

R水素を知ろう 〜R水素を知ると世界と繋がる〜

日本では2011年の東日本大震災をきっかけにエネルギーの在り方について議論されることが増えてきました。

特に太陽光や風力、水力、といったいわゆる再生可能エネルギーへの関心度は飛躍的に高まっています。

海外ではエネルギー問題への関心は高く、その高さは日本の比ではありません。それは何故かというと、地球規模で進んでいる温暖化は石炭や石油といった化石燃料を燃やすことで発生する温室効果ガスが原因とみられているからです。

日本では原発事故が起きたこともあり、脱原発に関心が高い方は多いのですが(脱原発もとても大事なことです)、残念ながら気候変動ならぬ気候危機に関心を持っている人はまだあまり多くないのが現状です。

それでもほんの少しだけ自分たちが暮らす生活環境に目を向けてみると、5月だというのに30℃越えの真夏日を各地で観測するほど年々暑くなっていることが皮膚感覚でもわかると思います。

日本国内に居るとそれほど感じなくても、北極や南極の様な極地では何万年も凍っていた氷河や分厚い氷が溶け、海抜が低い土地では満潮になると海水が溢れ街中が水浸しになるなど、そこで暮らす人々にとってはとても深刻な問題だったりします。

他にも記録的な大雨や年々勢力を増す台風、大規模な干ばつによって農作物に被害が出たり、場合によっては住む場所を追われたりと数え上げればキリがありません。

2016年の参議院選挙で三宅洋平が掲げた政策ビジョンのひとつに『R水素、小型風・水力などの地域発電を振興』というのがあります。

そこで、今回NAUはR水素の勉強会を企画しました。

水素エネルギーという言葉は聞いたことはあるけど頭文字の『R』って何だろう?

R水素とRが付かない水素の違いとは何?

水素って爆発すると危ないんじゃないの?

そもそもR水素ってどういう仕組みなの?

etc…初歩的な疑問から、今の化石燃料や送電線に依存した世界から卒業するにはどうすればよいのか?みんなで考えていきたいと思います。

いっけん、難しく聞こえ、見えてしまうエネルギーの話をR水素ネットワークの代表理事を務めている江原春義さんを迎えて楽しく、ワカリヤスク学んでいきます。

R水素の話を聞き、知ると今の日本のみならず世界で起こっている争いや問題に繋がることができます。皆様のご参加を心よりお待ちしてます!

日時 2017年6月25日(日)13時-16時
会場 沖縄そば 岡てつ
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘2-24-18
TEL : 03-3429-1188
小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分
参加費 2000円(ワンドリンク付き)
R水素ブックレットを別途1000円で販売しています。
お申込み フォームにてお申込みください。
※募集15名、フォーム先着順とさせていただきます。

Facebook Eventpage

三宅商店出店中

12109008_10208085538878034_9092616809296275092_n

沖縄そば 岡てつ店内には2月11日より三宅商店の小さなコーナー出店中。
定番の人気商品各種を手にとってご覧いただけます。