Background Image

テスト公開/NAU放射線測定レポート「渋谷区の鍋島松濤公園にて初の土壌測定」2017.02.28

テスト公開/NAU放射線測定レポート「渋谷区の鍋島松濤公園にて初の土壌測定」2017.02.28

公園の土壌ベクレル測定をしたい

今回は渋谷区にお住まいのKさんという女性(NAUを以前から支援してくださっている方)の協力依頼を受け、子供を遊ばせている公園を測って欲しいとのことで「鍋島松濤公園」を測定してきました。今回はちょっとハードルを上げて、公園の土壌測定をすることにしました。

土の中にいったいどれだけの・・・

しかし、公園の土を勝手に採取すると、これは窃盗にあたります。そのため、事前に公園を管理する団体に採取の申請をする必要があるのです。

ありがとう渋谷区公園課!

何度かのやり取りを得て、見事許可が下りました。こちらが「土壌採取計画届出書」のコピー。hakarimakuru20170228_app

鍋島松濤公園の放射線マップ

測定開始!

まずはいつも通り敷地内を隅から隅まで歩きながら、ホットスポット・ファインダーで地表50cmの空間線量を測定していきます。数を重ね、動きもスムーズになってきました。IMG_7694

16991021_1291177910973553_222254340_o

IMG_7677

IMG_7660

まずは池の周辺から土壌採取

IMG_7661

IMG_7666

IMG_7669

IMG_7672

IMG_767420170228_092002土を掘る前の平均値 0.088μSv/h (直置き)

トイレ脇の1箇所目を土壌測定

IMG_7682IMG_768420170228_094716土を掘る前の平均値 0.093μSv/h (直置き)

トイレ脇の雨どい下の土壌測定

IMG_768820170228_090913土を掘る前の平均値は0.114μSv/h (直置き)でしたが、
20170228_100245土を5cmほど掘った後の平均値は0.123μSv/h (直置き)まで上昇。17035823_1291179690973375_1461040188_oこちらは平均値ではありませんが瞬間的には0.17μSv/hくらいまで上昇することもありました。水溶性のセシウムは土に浸透していくので、深い位置の方が濃縮していると聞いていたのでトライしてみたところ、土中の方が線量が高いことが分かりました。

建材が放つ自然放射線の影響について

IMG_7701

最後に線量の低い公園の中心部の土壌採取

IMG_769720170228_101257土を掘る前の平均値 0.040μSv/h (直置き)

子供がたくさん訪れる公園にも、ちょっと気をつけて欲しい場所がある

IMG_7705子連れのお母さんや、近くの保育園から遊びにきた小さな子たちを見かけました。

朝っぱらからデジタル器具を背負って公園の土を掘っている怪しい僕らを見て、何名かのお母さんから「何をされてるんですか?」と質問を受けました。

数日後、土壌測定の結果が出ました

今回は相模原市で有機野菜や無添加加工品を扱いつつ、市民測定所を運営されているCANさんに測定をお願いしました。食品等の放射能測定は1検体 3,000円で引き受けてくださいます。お店「チャンプール」のサイトはこちら