Background Image

三宅洋平マガジン「感覚と科学」20号

三宅洋平マガジン「感覚と科学」20号

2018年4月5日発行、
三宅洋平マガジン「感覚と科学」20号の本文より、
一部を抜粋してご紹介します。

……………………………………………………………

━《目次》━━━━──────

0.山桃と山桜が満開の折
1.ひとり語り(004)
2.前号のひとり語りの音声(003)
3.おまけ
4.三宅商店のイチ押し
5.談話室

━━━━━━━━━━━━━━━

今号から、少しメルマガのお届けに変化があります。

これまでは、
1・ひとり語り音声の文字起こしを配信
2・次号にて音声データを配信
という流れでしたが、

今号からは音声を先出しにします。

そのほうが、タイムリーに
配信の当日に録音したものを使えるからです。

以前は、文字起こしのために
数日早く吹き込んでいたのですが、
なるべくギリギリの方が政治ネタなど、
世間のタイムラインに沿いやすい。

および、
長大な文字起こしよりは、
音声の方を手軽に聞きたいというニーズが
多かったためです。

なので、
20号は前回の分と合わせて、
音声データが2個ついてます。

ヴォイスメルマガ、って感じでしょうか。

一方で、文字起こしを貯めて行きたい、
というのも今の所はあるので、
文字の方もお送りしながら、
皆さんの声を聞いていきたいと思います。

……………………………………………………………

「種子法廃止」に対する対策は、
言っときますけど、ネット上で何かを言うことではありません。

種蒔け。

ほんとにそれだけ。

どうやって自分と土とをクローズにする生活設計を本気で踏み出すか。

「私は種子法に反対します」って言っても何も変わりませんから。

種は蒔かないと芽出さない。

で、冒頭で言ったように、1万人が種を自分で自家採種できれば、僕は最悪、日本人・・・
まぁ「1粒万倍」とはいいますけど、「1粒から万倍のものが採れるんだ」っていう表現がありますけど、
1万人、種をちゃんととれる人、そういうノウハウを重ねていける人がいれば、
最悪どうにかなる。

ノアの箱舟1万人。

ただほんとはもっと増えてほしいし、一気に増えてほしいし、さっさとやってほしい。

それは都会でも田舎でもできるし。

あと都会に人集中し過ぎ。

これはもう、自明の理。
これはエネルギー問題の根幹でもある。

で、地方がどんどんガラ空きになってる。

そこを外資系がどんどん買い占めてる。
湧き水とか、山とか。

やぁ、、早く若者、体動くうちに。

よく、「リタイアしたら自然の中で」っていうでしょ?

あのねぇ、身体動かすんですよ。

若いうちがいいよ、ほんとに。

与えられるものの、恵みの深さと大きさがほんとに違うから。

まぁ、さっさと来れる人はラッキーだから、ほんとそのラッキーさに目を覚ましてほしいな。

都会を否定はしないよ、
俺、20年東京に居たからね。

そう、都会にもオアシスを作ってほしい。

ただその、種子法対策って意味では。

で、俺も、せっせと種を蒔いたりとかしてんだけど。

……………………………………………………………

≫≫お便り
三宅さん、こんにちは。
いつも内容の濃いメルマガ月二回、気合いを入れて読ませて頂いています。
ひとり語りの音声も配信されて、とってもいいです。
何か作業しながらラジオのようにも聴けるので。
生意気にもリクエストしてもいいですか?
ひとり語りの中で、少しだけ、即興で弾き語りして欲しいです!!!

≫≫お返事
フルコーラスではありませんが、試しにちょっと歌ってみました。次号はもう少し長くやってみます。

……………………………………………………………

選挙フェスで、山形の「コネクテック」っていう音響チームが、全力で、全日程、僕らの音響を担当してくれたんですよ。

2013年、参議院選挙。
それから2016年、参議院選挙。
どちらもです。

壮絶でしたね。
1日3本とか4本とかある街宣を回すのに、
場所取り、ステージ組み、音出し、撤収っていう順番で、3チーム編成して、それがローテーション組んで、選挙フェスはできたんです。

17日間、54カ所の演説と演奏を。

三宅洋平マガジン「感覚と科学」

三宅洋平メディアの中心円となるメルマガ!2度の選挙フェスを経て、音楽と社会をつなぐメインフィギュアとなった三宅洋平マガジン。
彼の目に映る政治のリアルなど、ここでしか語られない話、彼と仲間達による政策アジェンダの遂行、パーマカルチャーな実践や見聞の旅、様々な社会活動報告、バーチャル討論会まで。 頭の中身から音楽まで、最速出しのチャンネル。

http://www.mag2.com/m/0001679333.html
毎月5日、20日発行で月額864円(税込)
初月無料です。
※月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます。

バックナンバーはこちら。
http://www.mag2.com/archives/0001679333/
過去のメルマガを1ヶ月単位で購入することができます。