Background Image

三宅洋平マガジン「感覚と科学」40号

三宅洋平マガジン「感覚と科学」40号

2019年2月5日発行、
三宅洋平マガジン「感覚と科学」40号より、中身を一部をご紹介します。
……………………………………………………………

━《目次》━━━━──────

0.己亥・元旦 次は2079年!
1.ひとり語り012(音声)
2.三宅商店のイチオシ
3.談話室

━━━━━━━━━━━━━━━

己(つちのと)亥年が始まった元旦でございます。

(三宅洋平マガジン「感覚と科学」40号『ひとり語り012』より一部文字起こし)

……………………………………………………………

結局、10年間、100回200回聴いても、
その時々の感情に合わせて、寄り添って、
色んな景色・色に見えてくれるレコードって、
やっぱり上質なアナログサウンドであることが多いなぁと俺は思うんだよね。
ただ、結構テクノとかハウスで好きな名盤とかも、
最近、自然音に囲まれて暮らすっていうのが7〜8年続いてる中で、
うん、その曲にまつわる思いや思い入れや思い出っていうのはあるけど、
デジタル音はね、やっぱり飽きる。
好きなんだけど飽きる。
嫌いにはなんないけど、だから謎の飽きっぽい感じがあるんですよ。

(三宅洋平マガジン「感覚と科学」40号『ひとり語り012』より一部文字起こし)
……………………………………………………………

誰もが自分を整形せずに済む社会。
で、そこで当たりあったエッジの部分こそ、
プロブレムイズ・ザ・ソリューションで、
社会が良くなるエッジの部分だから、
周りにいるみんなも含めて、
それをどう解決するかこそが、
政治や行政の本当の力の発揮のしどころだと思う、
みたいな感じなんですけど。

(三宅洋平マガジン「感覚と科学」40号『ひとり語り012』より一部文字起こし)
……………………………………………………………

三宅洋平マガジン「感覚と科学」

三宅洋平メディアの中心円となるメルマガ!2度の選挙フェスを経て、音楽と社会をつなぐメインフィギュアとなった三宅洋平マガジン。
彼の目に映る政治のリアルなど、ここでしか語られない話、彼と仲間達による政策アジェンダの遂行、パーマカルチャーな実践や見聞の旅、様々な社会活動報告、バーチャル討論会まで。 頭の中身から音楽まで、最速出しのチャンネル。

http://www.mag2.com/m/0001679333.html
毎月5日、20日発行で月額540円(税込)
初月無料です。
※月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます。

バックナンバーはこちら。
http://www.mag2.com/archives/0001679333/
過去のメルマガを1ヶ月単位で購入することができます。