Background Image

横川圭希×三宅洋平「籠池氏の後ろにいた男」

横川圭希×三宅洋平「籠池氏の後ろにいた男」

籠池氏がガサ入れされた時、
昭恵さんの店に100万円を返しに行った時、
秋葉原の安倍総理の演説に100万円を持って行った時
そして7月27日から突如勃発していた籠池夫妻の事情聴取騒動中も、

カメラを構えていた男「横川圭希」を三宅洋平がインタビュー。

インタビュー前編が収録された7月20日発行の
三宅洋平メルマガ「感覚と科学」3号は好評発売中です。
ひと月ごとの決済なので、7月5日発行の2号も一緒にご覧頂けます。

インタビュー後編は8月5日発行の4号に収録予定です。

テレビにも、新聞にも、SNSにすら出せない情報があります。
http://www.mag2.com/m/0001679333.html

(本文より抜粋)

【三宅】
今回の森友事件の大きな最初のきっかけには
ノイホイ(菅野完 すがのたもつ)さんの存在がありますよと。

ノイホイさんは「日本会議の研究」っていう本を書いた人で、
まあこれは僕も読んでるし、去年の選挙出る前に読んで、
選挙中にぼくは日本会議のことをかなり、、、ちょっと強くアピールしたのも、
矢部宏治さんの本と一緒で、日米合同委員会みたいなもんが(他にも)あるんだろうと思ってたけど、
そういう名称であるということやエビデンスとしての確信がなかったんだけど、
ノイホイさんの本を読んで「やっぱりそうか」と。

それはすごく根の深い問題なんだなぁとすごい思わされたし、
ただ、たぶん今、森友問題がこれだけ大きな問題になったところで、
一般的にはやっぱりそこら辺のことってまだ認知されきってないんだなぁと。
ただ籠池のおっさんが面白いとかそういう部分で追っかけられてる気がするから、
一回この森友・加計てなんだったんだっていうこととかっていうのを、
やっぱり聞いていきたいなーと思うんだけど。

そこでじゃあまずこのノイホイさん、菅野完さんっていう人がどういう人なのか。
そして、もちろん横川圭希がなぜ籠池(元)理事長の後ろに立ち、
俺はもうガッツポーズで喜んだけど、そのニュースを聞いた時は、
ガサ入れ前の籠池家を内側からキャスるという部分で。
僕的には選挙にキャスを持ち込んだ男だと思ってるんですね。横川圭希は。

※キャス=twitcasting(ツイキャス)
ライブ動画配信サービス

その横川圭希がついにキャスを持ってこの状況の中を
内側から撮ってるってのはすごい意味があると思ったし、
そしてほとんどの人が大きな疑問を持った。
「なぜそこにいるの?」って。

【横川】
「お前はなんでそこにいるんだ?」っていう。

【三宅】
「なんでそこにいるの?」っていうのがやっぱりまず、すごくみんな知りたいと思うんで、
今、そのノイホイさんと籠池さんの関係性というのは
どのようにして生まれていったのかという所を、圭希さんにぜひお話し頂きたい。

【横川】
まあ、だからバラバラで順番が途切れちゃうけど、
ノイホイが、菅野完が籠池さんに出会ったのは3月12日なんですよ2017年3月12日。
で、その夜に籠池家からYouTubeをアップしてるんですけれどもそれまでは敵対関係でした。
ノイホイは森友問題を追い詰める立場で、籠池理事長はそういう連中と戦ってる状態で。

※【HBO】籠池泰典氏緊急独占インタビューby菅野完
https://www.youtube.com/watch?v=nL-qwk_vjvo

だから3月10日に会見があるんですよ。認可を取り下げ。
自分たちから小学校はもう諦めますっていうこの記者会見で、
ノイホイが「もう金ないでしょう」ってお父さん(籠池氏)に質問した時に、
「あなたが菅野完か」って言ったぐらいの関係なんですよ。

ところが次の日に、とある記者の人を通じて籠池さんの息子さん、
あの時会見に出てた長男の佳茂(ヨシシゲ)さんと会ってみないかと言われて、
ノイホイと3人で、4人なんだけど、もう1人記者の人がいたんだけど、4人でご飯を食べたんですよ。

で、佳茂さんから「あまりにも親父は世の中でイメージ戦略をされすぎている」と。
「実際やりたかったことは金儲けとかじゃないんだ。それは家を見てみてもらえばわかる」
っていうんで、菅野完は家に行くわけですよ。

家に行って、まぁ殴り合いの喧嘩のような状態になったって本人は冗談で言ってるけど、
それはちょっと違って、まあ「ガーっ」とお父様は怒るんだけど、
ノイホイっていうのは左翼じゃないんです。あの人、保守なんです。いろんな意味で。
まあ彼は出身というか自分のルーツが、被差別部落(※1)出身だってことを隠してないし、
同和問題(※2)にも凄く詳しいし、まあ解放同盟(※3)とかもよく知ってるっていう中で、
どちらかというと解放同盟とか、同和問題というのは
左翼が、共産党が、ああなったからいじってこなかった所(※4)だから逆に保守なってるんですよね。
保守的な(宗教団体)「生長の家」の谷口雅春先生の本だとか、
そういう保守的な研究をめちゃくちゃしてるもんだから、
お父さんとしては自分より詳しい保守が現れたんです。

続きはメルマガで。初月無料です。
http://www.mag2.com/m/0001679333.html

(注)

※1 被差別部落
明治4年の身分解放によって、それまで穢多(エタ)などの賎民と称された人たちが平民に編入したが、
他の身分にいた人がかつて賎民だった人と同じ身分になるのを嫌い、差別される。
被差別部落とはそれら元賎民の人たちの歴史的に住んでいた部落のこと。

※2 同和問題
家系や地域における差別問題

※3 解放同盟
部落解放同盟。部落差別の解消を求める同和団体(=部落差別の主に当事者による団体)

※4 1965年の内閣同和対策審議会答申をきっかけに、解放同盟と共産党は対立している。
解放同盟が部落差別を認める答申の内容
(「その(同和問題の)早急な解決こそ、国の責務であり、同時に国民的課題である」)におおむね肯定したのに対し、
共産党はこれは「毒まんじゅう」だとして非難した。

※5 生長の家
神道、仏教、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教などの各宗教に加え、
哲学、心理学を融合させ、諸宗教はその根本においては全て一致するという「万教帰一」を主張。
先の大戦では教団をあげて戦争に協力した。戦後は右派活動も行う。日本会議には元信者が多数関わっている。