Background Image

プロフィール

プロフィール

三宅洋平

音楽家・商店主
1978年7月24日生まれ

ベルギーで生まれ、「犬式」「(仮)ALBATRUS」のフロントマンとしてメッセージを伝え続ける稀代のカリスマ。
その口から発される言霊のひとつひとつは、音楽に留まらず政治にも波及し、多くの人々に「自分の在り方」を問い続けている。

2001年
早稲田大学第一文学部卒 株式会社リクルート入社(同年12月退社)
2002年
レゲエ・ロックバンド“犬式 a.k.a. Doggystayle”のボーカル・ギターとしてデビュー
3枚のアルバムと4枚のミニアルバムを発表。
2007年
ロシア五輪招致イベントにサッカーアーティスト日本代表選手として出場-出演。
“LIMI feu”パリコレクションにおけるショーの生演奏を担当。
2010年
フリーロックバンド“(仮)ALBATRUS”を結成。
“Yohji Yamamoto”東京コレクションにて生演奏を担当。
2011年3月
東京から沖縄北部の本部町に居を移す。自然農やエネルギー自給を取り入れながら、持続可能なライフスタイルの模索に入る。
2013年3月
政治団体『日本アーティスト有意識者会議「NAU(ナウ)」』を立ち上げる。
生活に基づいたカジュアルな政治活動と表現活動の融合という、アートと政治の垣根を超えた新しい展開を開始させる。
同時に「日本の政治風土を多様にひらく」必要を感じ、参議院選挙に立候補。
“緑の党”の推薦候補として、型破りな選挙活動「選挙フェス」を展開する。
天性のカリスマ性と言語感覚で、多くの有権者の共感を呼び、比例区17万6970票の個人得票を得るも、落選。
2013年10月
「消費動向から世界を変える」ためにエシカルなセレクトショップ“三宅商店”を立ち上げる。
2016年7月
「自分らしくあれる社会」を政策の根幹に掲げ、参議院選挙に東京選挙区から無所属で立候補。
連日、山本太郎参議院議員と共にミュージシャン、政治家、識者を迎えながら展開した「選挙フェス」はSNSと動画を介して拡大し、大きな盛り上がりを見せ、最終日の品川駅前選挙フェスでは2万人を集める。
若者に留まらず多くの人々の共感を得るも、25万7036票(31人中9番目の得票)で惜しくも6名の当選枠に入れず、落選。
2017年3月
2009年に無期限活動休止をしていた犬式(INUSHIKI)の再始動を発表。
パラダイム・シフトの進む時代を彩る音楽を、全力で鳴らしていくことを宣言。