NAU解散届の提出と「Satoken (一般社団法人 里山経済・環境研究所)」設立のお知らせ

政治団体「日本アーティスト有意識者会議 (NAU)」は2018年5月10日、岡山県選挙管理委員会に解散届(2018年3月末日を解散日とする)と、それに伴う収支報告書を提出いたしましたのでここにご報告いたします。

2013年3月の団体設立から今まで、国内外から多くの方々のご支援を賜りましたこと、改めて心より御礼申し上げます。

三宅洋平が掲げた政策ビジョンは、新たに設立した一般社団法人「里山経済・環境研究所」(通称:Satoken) において、より実践的な経済モデル作りや人材育成の場として具現化されていくことになります。また、自律したローカルコミュニティが世界中で繋がり「生態系と共生する社会」を作るためのネットワーク作りへの寄与も、重要な活動となります。

本件について代表三宅がブログにて皆さまへのメッセージを投稿しております。
「政治団体NAU解散の届け出、そして社団法人Satoken設立のお知らせ」

また、皆さまからお寄せいただいた寄附金を主としたNAUの活動資金について、これまでの使途および今後の使用目的は下記ドキュメントにてご報告差し上げます。
『NAU解散届の提出と「サトケン (一般社団法人 里山経済・環境研究所)」設立のお知らせ』(2018年7月16日発表)